「 不動産 」 一覧

no image

不動産取得税の基礎

土地や建物などの不動産には様々な税金がかかってきます。 不動産を維持すれば毎年固定資産税がかかり、また売却すれば所得税(譲渡益が発生した場合)がかかりますが、不動産を取得した際にも税金が発生します。

no image

建築基準法上の道路についての基礎

毎日歩いたり、車で走っている道路にも当然に法律上の規定があります。 ここでは建築基準法に定める道路の定義と規制について基本的な内容をみていきます。

no image

建築基準法の目的

建築基準法とは、多くの人々が安全に生活するために建物を建てる時に最低限守るべき基準を定める法律をいいます。 建築基準法第一条ではその目的について以下のように規定しています。

no image

重要事項の説明(じゅうようじこうのせつめい)

不動産取引は金額も非常に高額であるうえ、人生で1度あるかないかの経験であり消費者の立場から見た場合、経験も乏しい中で非常に重要な判断が必要となります。 このような性質を持つ不動産取引については日用品の …

容積率(ようせきりつ)とは

容積率(ようせきりつ)とは、敷地面積に対する延べ床面積の割合をいいます。 容積率(%)=延べ床面積(㎡)÷敷地面積(㎡) 建ぺい率と同様に分母を敷地面積として算定します。 例えば、100㎡(平米)の広 …

建ぺい率(建蔽率)とは

建ぺい率(建蔽率)とは、建物の建築面積の敷地面積に対する割合をいいます。 建ぺい率(%)=建物の建築面積(㎡)÷敷地面積(㎡) 例えば、100㎡(平米)の広さのある敷地に、建築面積60㎡の建物が建って …

no image

不動産取引と手付金

不動産の売買取引では、売買契約の締結に際して(不動産の明け渡しなどの前)に買い手が売りてに手付金を支払うことがあります。

no image

宅地建物取引業法の目的

宅地建物取引業法(たくちたてものとりひきぎょうほう)とは、高額な金額の動く宅地や建物に関する取引の公正さを確保し、購入者等の利益の保護と宅地及び建物の流通の円滑化とを図ることを目的とし、昭和27年(1 …

no image

物権と債権の基礎(ぶっけんとさいけん)

不動産に対する権利については、所有権や賃借権、あるいは地上権など様々な権利がありますが、これらの権利は法律上は物権と債権とに大別することができます。 物権(ぶっけん)とは、物に対する直接的な支配権をい …

no image

一筆の土地(いっぴつのとち)とは

一筆の土地(いっぴつのとち)とは、不動産登記において区分された1個の土地の単位を言います。不動産登記法では、一筆の土地ごとにそれぞれ地番(登記上の番号)を付すこととなっています(不動産登記法第35条参 …