不動産の見方

物権と債権の基礎(ぶっけんとさいけん)

投稿日:

不動産に対する権利については、所有権や賃借権、あるいは地上権など様々な権利がありますが、これらの権利は法律上は物権債権とに大別することができます。

物権(ぶっけん)とは、物に対する直接的な支配権をいいます。物権の代表的なものとして所有権がありますが、物の所有者(所有権者)はその物を自由に使用することも処分することもできます。

これに対し債権(さいけん)とは、人に対する請求権をいいます。債権の代表的なものとして賃借権がありますが、たとえば土地の賃借人(借主)は貸主に対してその土地を借主が利用できるように請求することができます(所有者の許可なしに勝手に処分することなどはできません)。

なお、物権と債権の代表的なものをあげるとつぎのようになります。

物権 所有権・地上権・質権・抵当権など
債権 賃借権など

物権は物に対する直接的な支配権であるのに対し、債権は特定の人に対する請求権に過ぎないため、一般に物権と債権とが相反する場合には物権が優先されます。
ただし、不動産の賃貸借については、一般的に立場の弱い不動産賃借人の保護する観点から賃借人に特別に強い地位が与えられている場合があります(借地借家法第31条参照)。

-不動産の見方
-

執筆者:

関連記事

no image

不動産登記の構成

不動産登記とは、不動産(土地や建物)に関し、所在(どこにあるのか)や面積のほか、所有者の住所や氏名などを公の帳簿(登記簿といいます)に記載し、

no image

法14条地図と公図(こうず)

不動産登記法第14条第1項では、「登記所には、地図及び建物所在図を備え付けるものとする」と規定されておりこの規定に基づいて作成され登記所に備え置かれた地図を法14条地図とういいます。

no image

一筆の土地(いっぴつのとち)とは

一筆の土地(いっぴつのとち)とは、不動産登記において区分された1個の土地の単位を言います。不動産登記法では、一筆の土地ごとにそれぞれ地番(登記上の番号)を付すこととなっています(不動産登記法第35条参 …

no image

不動産登記とは(公開されている不動産に関する権利情報)

不動産登記(ふどうさんとうき)とは、会社や個人にとって大切な財産である土地や建物(いわゆる不動産)に関し、所在(どこにあるのか)や面積のほか、所有者の住所や氏名などを公の帳簿(登記簿といいます)に記載 …

no image

不動産登記はなぜ必要か(対抗力の具体例)

皆さんもマイホームなどの不動産を購入すれば不動産登記を行うことになります。 では、不動産を取得しても登記しなかった場合はどうなるのでしょうか?