贈与と税金

贈与税の申告期限(翌年3月15日まで)

投稿日:

贈与税は贈与を受けた(財産をもらった側のもの)が、申告書を作成し、税金を納税します。
贈与税の申告は贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までにすることになっております。

贈与税の申告期限:翌年3月15日まで

ただし、3月15日が土・日・祝日等の場合は、その翌日または翌々日が期限となります(たとえば3月15日が土曜日の場合は次の平日となる3月17日の月曜日が申告期限となります)。

なお、申告期限が納税の期限となります(延納が認められる場合があります)。

例題解説

以下の設問に正か誤を答えなさい。

(問題)
贈与税は贈与を受けた年の3月15日までに納付する必要がある。

(解説・解答)
贈与税は贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までに申告し、納付する必要があります。
たとえば令和4年中に贈与を受けた場合は翌年令和5年2月1日から3月15日までに申告し、納付することになります。

解答:誤

-贈与と税金
-

執筆者:

関連記事

no image

贈与税とは

贈与税とは 贈与税とは、個人から財産をもらったときにかかる税金をいいます。

no image

子が親からもらった生活費や教育費と贈与税との関係

個人がほかの個人からお金や財産などをもらった時(贈与された時)、もらった側の個人はもらったお金や財産の価値に応じて贈与税を払わなければなりません。 しかし単純にもらうあげるといっても、親が子の生活費を …

no image

贈与税の暦年課税の基本知識

贈与税の課税方式には暦年課税(れきねんかぜい)と相続時精算課税(そうぞくじせいさんかぜい)との2つの方式があります。ここでは基本となる課税方式である暦年課税について簡単にみていきます。

no image

どのような場合に贈与税がかかるか(贈与税の課税対象)

贈与税とは、個人から財産をもらったときにかかる税金をいいます。

no image

贈与税の配偶者控除の基礎知識

贈与税には毎年110万円の非課税枠があります(贈与税の基礎控除をご参照ください)。 では毎年110万円以上の贈与を受けた場合には必ず贈与税が発生するのでしょうか?