所得税の仕組み

給与所得とは(基本用語と計算)

投稿日:

給与所得とは、お勤め先や会社などからもらう給与やボーナスから得られた所得をいいます。

給与所得:給料やボーナスなどから得られる所得

ただし会社からいただいた給与の金額がそのまま給与所得となるわけではありません

個人事業主などでは、売上から経費を差し引いて利益を計算し、この利益にたいし所得税の税率を乗じて所得税を計算します。
サラリーマンであっても仕事に必要な出費は当然に発生しているはずですので、給与所得を計算するうえでも給与金額から経費にあたるものを差し引くことができます。
このサラリーマンにとって経費にあたるものを給与所得控除といい、実際に所得税のかかる給与所得の金額は、もらった給与の額面金額から給与所得控除を差し引いた金額となります。

給与所得=給与収入(給与の額面金額)- 給与所得控除

給与所得控除の計算は給与収入(給与の額面金額)を基に下記の表より算定いたします。

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)
給与所得控除額
180万円以下 収入金額×40%
(ただし650,000円に満たない場合には650,000円)
180万円超 360万円以下 収入金額×30%+180,000円
360万円超 600万円以下 収入金額×20%+540,000円
660万円超 1,000万円以下 収入金額×10%+1,200,000円
1,000万円超 2,200,000円(上限固定)

仮に1年間にもらったお給料の総額が400万円であった場合、上記の表の「360万円超 600万円以下」に当てはまりますので給与所得控除は以下のように計算します。

400万円×20%+54万円=134万円

(注意事項:実務的には、給与収入が660万円未満の場合には、上記のような表にかかわらず、所得税法別表第五(年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表)を使って算定しますのでご注意ください)。

例題解説

(問題)
1年間の給与収入が130万円であった場合における給与所得の金額を算定しなさい(給与所得控除の算定は上記の表によることとする)。

(解説・解答)

給与収入130万-給与所得控除65万円=給与所得65万円

1年間の給与収入が130万円の場合、給与所得控除の金額は上記の表の「180万円以下」より算定することになりますので、給与収入に40%を乗じた
130万円×40%=52万円となります。
ただし、給与所得控除の金額には65万円という下限が設定されておりますので、52万円と65万円のいずれか大きいほうの金額を実際の給与所得控除とすることができますので、この場合の給与所得控除は65万円となります。

-所得税の仕組み
-,

執筆者:

関連記事

no image

10個の所得分類とは(所得税の基礎)

1.なぜ所得税を計算する際には所得を分類しなければならないのか サラリーマンの方はお勤め先からお給料をもらって生活しています。いっぽう自営業者の方(たとえば八百屋さん)は自分で仕入れてきた野菜をお客さ …

no image

山林所得とは(基本用語)

個人の収入に対して課税される所得税では、収入の性質などに応じて所得(税金をかける元となる利益)を10種類に分類し、収入の性質の違いによる不公平な課税が行われないような仕組みがとられています。 ここでは …

no image

不動産所得とは(基本用語)

不動産所得とは、土地や建物などの不動産を他人に貸し付けることによって得る所得を言います。 土地や建物を他人に貸すことによって得る所得ですので、マンションやアパートなどの大家さんが受け取る家賃などがこれ …

no image

利子所得の基礎

例えば銀行に預金を預けた場合、預け入れた預金の金額などによって定期的に利息が付いているのが預金通帳などでわかるかと思います。 このような利息は利子所得といい所得税の課税対象となる所得となります(利子所 …

no image

所得税とは(個人の収入にかかる国の税金です)

1.所得税とは 日本の税金にはさまざまなものがありますが、そのうち個人の所得(収入)に対して課税される国税(国に納める税金)を所得税といいます。