所得税の仕組み

事業所得とは(基本用語と計算)

投稿日:

事業所得とは、農業や漁業、製造業・建設業・卸売業・小売業・サービス業などの事業を営んでいる人がその事業から得られる所得をいいます。
自らお店を経営している人やフリーランスの方など、いわゆる個人事業主が事業から得られる所得をいいます。

事業所得:個人事業主が事業から得られる所得

事業所得の金額は、総収入金額から事業をおこなうにあたってかかった必要経費を差し引いて算定します。
総収入金額とは、一般的には事業上の売上高が該当しますが、直接的には事業上の売上高ではなくても事業に付帯する収入もこれに含まれます(たとえば小売店の場合、商品の売上高のみならず、商品が事故や災害などにより損失を受けた場合に支払われる保険金や損害賠償金などもこれにあたります)。

必要経費とは、上記の収入を得るために直接必要な売上原価(販売した商品の仕入れ原価)やお店の家賃・従業員の方に支払った人件費・水道光熱費など、事業を行うにあたってかかった出費がこれにあたります。

事業所得=総収入金額-必要経費

例題解説

(問題)
個人で八百屋を営むAさんの令和元年度の売上高は1,000万円、野菜の仕入代金が500万円、お店の家賃や水道光熱費などその他の経費の総額が100万円であった。
Aさんの令和元年度の事業所得をもとめなさい(問題文以外の要素は一切考慮しない)。

(解説・計算過程)

事業所得:売上高1,000万円-仕入代金500万円-その他の経費100万円=400万円

(解答)400万円

-所得税の仕組み
-,

執筆者:

関連記事

no image

所得税の税率を教えてください(超過累進税率とは)

個人の所得(収入)に対して課税される国税(国に納める税金)を所得税といいます。

no image

給与所得とは(基本用語と計算)

給与所得とは、お勤め先や会社などからもらう給与やボーナスから得られた所得をいいます。

no image

不動産所得とは(基本用語)

不動産所得とは、土地や建物などの不動産を他人に貸し付けることによって得る所得を言います。 土地や建物を他人に貸すことによって得る所得ですので、マンションやアパートなどの大家さんが受け取る家賃などがこれ …

no image

所得税とは(個人の収入にかかる国の税金です)

1.所得税とは 日本の税金にはさまざまなものがありますが、そのうち個人の所得(収入)に対して課税される国税(国に納める税金)を所得税といいます。

no image

所得税の課税期間はいつからいつまでか

個人の収入に対して課税される所得税の課税期間は毎年1月1日から12月31日までの1年間となります。