所得税の仕組み

雑所得とは(年金や副業による収入)

投稿日:

雑所得とは、他の所得つまり、利子・配当・不動産・事業・給与・退職・山林・譲渡・一時所得のいずれにもあたらない所得をいいます。
代表的なものとしては年金副業による所得などがこれにあたります。

雑所得の計算は国民年金や厚生年金・退職年金などの「公的年金等」とそれ以外の「公的年金等以外」とで以下のようにことなります。雑所得の金額はこれら公的年金等と公的年金等以外との合計となります。

公的年金等:収入金額-公的年金等控除額
公的年金等以外:総収入金額-必要経費

公的年金等控除額の計算は年齢や公的年金等以外の所得の金額によりことなります。
たとえば令和2年以降公的年金等に係る雑所得以外の所得に係る合計所得金額が1,000万円以下の場合における公的年金等控除額の算定は以下のようになります。

年齢 公的年金等の金額 公的年金等控除額
65歳未満 1,300,000円未満 600,000円
1,300,000円以上
4,100,000円未満
収入金額×25%+275,000円
4,100,000円以上
7,700,000円未満
収入金額×15%+685,000円
7,700,000円以上
10,000,000円未満
収入金額×5%+1,455,000円
10,000,000円以上 1,955,000円
65歳以上 3,300,000円未満 1,100,000円
3,300,000円以上
4,100,000円未満
収入金額×25%+275,000円
4,100,000円以上
7,700,000円未満
収入金額×15%+685,000円
7,700,000円以上
10,000,000円未満
収入金額×5%+1,455,000円
10,000,000円以上 1,955,000円

たとえば、65歳未満で公的年金等の金額が600万円の場合には、公的年金等控除額ならびに公的年金等に係る雑所得の金額は以下のように求めます。

公的年金等控除額:6,000,000円×15%+685,000円=1,585,000円
公的年金にかかる雑所得の金額:6,000,000円-1,585,000円=4,415,000円

例題解説

以下の設問に正か誤を答えなさい。

生命保険契約に基づいて受け取った年金にかかる所得の計算は収入金額から公的年金等控除額を差し引いて算定する。

(解説・計算過程)

生命保険契約に基づいて受け取る年金は公的年金ではないため、その所得の計算は総収入金額から必要経費を差し引いて算定する。

(解答)

-所得税の仕組み
-

執筆者:

関連記事

no image

不動産所得とは(基本用語)

不動産所得とは、土地や建物などの不動産を他人に貸し付けることによって得る所得を言います。 土地や建物を他人に貸すことによって得る所得ですので、マンションやアパートなどの大家さんが受け取る家賃などがこれ …

no image

給与所得とは(基本用語と計算)

給与所得とは、お勤め先や会社などからもらう給与やボーナスから得られた所得をいいます。

no image

所得税の税率を教えてください(超過累進税率とは)

個人の所得(収入)に対して課税される国税(国に納める税金)を所得税といいます。

no image

一時所得とは(基本用語と計算)

一時所得とは、生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金、あるいは競馬の払戻金や懸賞や福引の賞金など、特別な場合や特別な理由で一時に受取る所得をいいます。

no image

所得税の課税期間はいつからいつまでか

個人の収入に対して課税される所得税の課税期間は毎年1月1日から12月31日までの1年間となります。