所得税の仕組み

所得税の課税期間はいつからいつまでか

投稿日:

個人の収入に対して課税される所得税の課税期間は毎年1月1日から12月31日までの1年間となります。
すなわち、毎年1月1日から12月31日までの1年間を一つの区切りとし、この期間の収入や利益に対して所得税の税率を乗じて納めるべき所得税を計算します。

1月1日から12月31日までの暦(こよみ)上の1年間を課税対象期間とすることから、この課税期間は暦年課税とよばれています(所得税法23条以下の各種所得に関する文中に「年中」という言葉が使用されていることなどが法的な根拠となります)。

例題解説

(問題)
以下の設問に正か誤を答えなさい。

所得税は、国や地方公共団体や法人などの会計年度と同様、毎年4月1日から翌年3月31日までの期間を単位として課税される国税である。(2017年9月の2級学科試験第31問(1)を参考に作成した問題です)。

(解説・解答)
個人の所得に対して課税される所得税の課税期間は毎年1月1日から12月31日までの1年間となります。

解答:誤

-所得税の仕組み
-,

執筆者:

関連記事

no image

事業所得とは(基本用語と計算)

事業所得とは、農業や漁業、製造業・建設業・卸売業・小売業・サービス業などの事業を営んでいる人がその事業から得られる所得をいいます。 自らお店を経営している人やフリーランスの方など、いわゆる個人事業主が …

no image

一時所得とは(基本用語と計算)

一時所得とは、生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金、あるいは競馬の払戻金や懸賞や福引の賞金など、特別な場合や特別な理由で一時に受取る所得をいいます。

no image

雑所得とは(年金や副業による収入)

雑所得とは、他の所得つまり、利子・配当・不動産・事業・給与・退職・山林・譲渡・一時所得のいずれにもあたらない所得をいいます。

no image

所得税の税率を教えてください(超過累進税率とは)

個人の所得(収入)に対して課税される国税(国に納める税金)を所得税といいます。

no image

不動産所得とは(基本用語)

不動産所得とは、土地や建物などの不動産を他人に貸し付けることによって得る所得を言います。 土地や建物を他人に貸すことによって得る所得ですので、マンションやアパートなどの大家さんが受け取る家賃などがこれ …