生命保険

生命保険の3つの分類

投稿日:

生命保険は様々な種類のものがありますが、一般に「どのような条件を満たせば保険金が支払われるのか」により次の3つに大別されます。

生命保険の3分類
死亡保険 被保険者が死亡した(あるいは高度障害となった)場合などに保険金を受け取ることができる形態の保険をいいます。定期保険終身保険などはこの分類に含まれます。
生存保険 契約後一定期間生存していた場合に保険金を受け取ることができる保険をいいます(被保険者が生きていることが前提)。年金保険(保険契約後一定期間生存していた場合に年金形式で保険金を受け取ることができる保険)などがこれにあたります。
生死混合保険 上記の死亡保険と生存保険とを混合した保険をいいます。すなわち、被保険者が死亡した場合には死亡保険の保険金が、死亡せずに一定期間生存していた場合には生存保険の保険金が支払われる保険をいいます。養老保険定期付養老保険などがこれにあたります。

-生命保険
-,

執筆者:

関連記事

no image

生命保険の基礎用語(保険契約者・保険料・保険金など)

保険金と保険料との違い、保険契約者と被保険者との関係など、生命保険に関する基本用語について簡単に整理しています。

no image

大数の法則(公平な保険料の負担について)

たとえばサイコロを12回振ったとします。 サイコロには6つの面がありますので、それぞれの面が出る確率は1/6であり、したがってそれぞれの数字が2回ずつ出ることが想定されます。

no image

定期保険特約付終身保険の基礎

定期保険特約付終身保険とは、終身保険(ベースとなる保険)にオプションで定期保険が付いた保険をいいます。

no image

共済(きょうさい)とは

1.共済とは 共済(きょうさい)とは、農協や生協などの協同組合が運営し、組合員や家族などを対象とする生命保険と同様の保障制度をいいます。

no image

定期保険と終身保険との比較

生命保険にはいろいろな形がありますが、よく比較される代表的な形が定期保険と終身保険です。 ここでは定期保険と終身保険の簡単な定義と違いをそれぞれ比較しながら見ていきます。