株式投資

株価収益率(PER)の算定の基礎

投稿日:

株価収益率(PER)とは、現在の株価が1株当たりの利益の何倍かを表す指標をいいます。

株価収益率(倍)=株価/1株当たりの当期純利益

同業他社などと比較し、ある会社のPERが大きければ(現在の株価が1株当たりの利益よりも大幅に大きい場合)株価は割高、逆にPERが小さければ(現在の株価が1株当たりの利益に近い場合)株価は割安と判断することができます。

例題解説

以下の数値をもとに株価収益率(PER)を算定しなさい。

売上:100,000円
当期純利益:10,000円
発行株式数:100株
期末株価:1,000円

(解答)
株価収益率は株価を1株当たりの当期純利益で割って算定いたしますので、株価収益率は以下のように算定します。

1株あたりの当期純利益:当期純利益10,000円÷発行株式数100株=100円
株価収益率:株価1000円÷1株当たりの当期純利益100円=10(倍)

-株式投資
-

執筆者:

関連記事

no image

指値(さしね)注文と成行(なりゆき)注文

株式を買いたい、あるいは株式を売りたい場合は証券会社に「株を買ってほしい」「株を売ってほしい」と注文を出すことになりますが、株の売買の注文方法には指値(さしね)注文と呼ばれる方法と、成行(なりゆき)注 …

no image

TOPIX(東証株価指数)とは

日本の株式市場の代表的な指標には、日経平均株価のほかTOPIX(トピックス)と呼ばれるものがあります。

no image

株主の権利(かぶぬしのけんり)の基礎

株式会社の発行する株式を保有するものを株主といいます。 株主は会社のオーナーであり、会社に対して保有している株式数に応じて権利を行使することができます

no image

日経平均株価(日経225)とは

ニュースや新聞などで株価の上がり下がりを表す指標として日経平均株価という言葉をよく耳にされると思います。 この日経平均株価とはなんでしょうか?