贈与と税金

子が親からもらった生活費や教育費と贈与税との関係

投稿日:

個人がほかの個人からお金や財産などをもらった時(贈与された時)、もらった側の個人はもらったお金や財産の価値に応じて贈与税を払わなければなりません。

しかし単純にもらうあげるといっても、親が子の生活費を負担する場合など状況によっては贈与税を課税することが適切ではない場合もあります。親子間で生活費や教育費などを負担した場合などであっても贈与税が課税される場合があるのでしょうか?

贈与税は個人からうけたすべての財産を対象として課税される税金ですが、親が子の生活費を負担する場合などまで贈与税を課税した場合には人々の社会的生活に大きな弊害をもたらすことになります。
そのため扶養義務者から生活費や教育費に充てるために受け入れた財産でについては、社会政策的な観点から贈与税を課税しないこととされています(ただし通常必要と認められるものに限ります)。

扶養義務者(夫婦や親子・兄弟姉妹など)から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるものについては贈与税は課税されない。

なお贈与税が課税されないのはあくまでも「通常必要と認められるもの」ですので「通常必要とみとめられる」範囲を超えるものについては扶養義務者から生活費や教育費として受け取ったものであっても贈与税が課税されます(たとえば子が親から教育費として受け取った金銭で株式投資を行った場合などの投資資金は通常必要な範囲を超えるものと判断され、贈与税の課税対象となります)。

例題解説

以下の設問に正か誤を答えなさい。

(問題)
子が親から教育資金として受け取った金銭で不動産投資を行った場合であっても、あくまでも教育資金との名目であるため贈与税は課税されない。

(解説・解答)
子が親から教育資金として受け取った金銭のうち、通常必要とみとめられるものについては贈与税は課税されませんが、その金銭で株式や不動産投資を行った場合には通常必要な範囲を超えるものと判断され、贈与税の課税対象となります(相続税法令解釈通達-第21条の3-5等参照ください)。

解答:誤

-贈与と税金
-

執筆者:

関連記事

no image

贈与税の暦年課税の基本知識

贈与税の課税方式には暦年課税(れきねんかぜい)と相続時精算課税(そうぞくじせいさんかぜい)との2つの方式があります。ここでは基本となる課税方式である暦年課税について簡単にみていきます。

no image

贈与税と110万円の壁(贈与税の基礎控除)

贈与税の基礎控除とは 贈与税とは、個人から財産をもらったときにかかる税金をいいますが、

no image

贈与税の配偶者控除の基礎知識

贈与税には毎年110万円の非課税枠があります(贈与税の基礎控除をご参照ください)。 では毎年110万円以上の贈与を受けた場合には必ず贈与税が発生するのでしょうか?

no image

夫婦間の離別の際の財産分与に係る贈与税の基本

個人が他の個人からお金や財産などをもらった時(贈与された時)、もらった側はそのもらったお金や財産の価値に応じて贈与税を払わなければなりません。 しかし単純にもらうあげるといっても、夫婦が離別する際にお …

no image

贈与税の申告期限(翌年3月15日まで)

贈与税は贈与を受けた(財産をもらった側のもの)が、申告書を作成し、税金を納税します。 贈与税の申告は贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までにすることになっております。