贈与と税金

贈与税と110万円の壁(贈与税の基礎控除)

投稿日:

贈与税の基礎控除とは

贈与税とは、個人から財産をもらったときにかかる税金をいいますが、他の人から100円でも貰えば贈与税の申告をしなければならないかというとそうではありません。

贈与税は1年間(1月1日から12月31日)までに財産をもらった人が、もらった財産の価格に応じて支払う税金ですが、毎年一定の金額までは税金がかからない枠があります。これを基礎控除といい、現在において贈与税の基礎控除は110万円となっています。
したがって贈与税の計算は贈与を受けた財産の価格から基礎控除110万円を差し引いた残額に贈与税の税率を乗じて算定します。

贈与税=(贈与財産の価格-基礎控除)×税率

ある年に1000万円の現金の贈与を受けた場合、贈与税の計算はこの1000万円から基礎控除の110万円を差し引いた残額の890万円に贈与税の税率を乗じて納めるべき贈与税の金額を計算することになります(暦年課税)

例題解説

(問題)
以下の設問に正か誤を答えなさい。

1年間に贈与を受けた価格が120万円までの場合、贈与税が課されることはない。

(解説・解答)
贈与税の基礎控除の金額は110万円です。したがってこれを超える財産の贈与を受けた場合には原則的に贈与税の納税が必要となります。

解答:誤

-贈与と税金
-

執筆者:

関連記事

no image

贈与税とは

贈与税とは 贈与税とは、個人から財産をもらったときにかかる税金をいいます。

no image

贈与税の配偶者控除の基礎知識

贈与税には毎年110万円の非課税枠があります(贈与税の基礎控除をご参照ください)。 では毎年110万円以上の贈与を受けた場合には必ず贈与税が発生するのでしょうか?

no image

どのような場合に贈与税がかかるか(贈与税の課税対象)

贈与税とは、個人から財産をもらったときにかかる税金をいいます。

no image

夫婦間の離別の際の財産分与に係る贈与税の基本

個人が他の個人からお金や財産などをもらった時(贈与された時)、もらった側はそのもらったお金や財産の価値に応じて贈与税を払わなければなりません。 しかし単純にもらうあげるといっても、夫婦が離別する際にお …

no image

贈与税の暦年課税の基本知識

贈与税の課税方式には暦年課税(れきねんかぜい)と相続時精算課税(そうぞくじせいさんかぜい)との2つの方式があります。ここでは基本となる課税方式である暦年課税について簡単にみていきます。