損害保険

個人賠償責任保険の基礎

投稿日:

個人賠償責任保険とは、他者に損害を与えた場合の損害賠償に備えるための保険をいいます。

日常生活を送るうえでは、自身が事故に巻き込まれて損害を負うリスクのほか、何らかの事由により他人に損害を与えてしまうリスクもあります。道を走っていて他人とぶつかって損害を与えてしまうこともあるかもしれませんし、また飼い犬が他人に損害を与えてしまうかもしれません。
このよう他人に損害を与えてしまった場合の損害賠償を補填することを目的とした保険個人損害賠償保険です。

個人賠償責任保険とは、あくまでも日常生活で他人に与えた損害を補償するための保険ですので、業務上与えた損害は対象外となります。また他人のモノに対する損害であっても借りているモノへの損害や自動車事故などによる損害や同居する家族に対する損害なども対象外となります。

例題解説

以下の設問に正か誤を答えなさい。

個人賠償責任保険は他人に損害を与えた場合に備える保険であり、自動車事故などによる損害もカバーされる。

(解答)
個人賠償責任保険は他人に損害を与えた場合に備える保険ですが、一定の制限があり、自動車事故などにより損害は対象とはなりません(自動車保険の特約やオプションとして個人賠償責任保険特約を付けることは可能です)。

-損害保険
-

執筆者:

関連記事

no image

自賠責保険と任意保険との基本的な比較

自動車にかける保険(自動車保険)は保険の加入が義務付けられている(強制されている)か否かにより自賠責保険と任意保険との大きく2つに分類することができます。