損害保険

施設所有者責任保険とは(基礎用語)

投稿日:2022年4月2日 更新日:

たとえば保有・管理しているビルの看板や壁が崩落し、歩行者に損害を与えた場合、ビルの保有者は歩行者から損害賠償を請求されることになります。

このような事例に限らず、工場やビル・建物・店舗などの施設を保有していると、施設を原因とした事故など様々な要因により損害賠償を請求されるリスクがあります。
このように施設の保有者(管理者など含む)が、施設を原因とした損害賠償に備えるための保険を「施設所有者賠償責任保険(施設管理者賠償責任保険)といいます

上記のビルの看板や壁が崩落したことにより、通行人に与えた損害はこの施設所有者賠償責任保険によってカバーされます。

例題解説

以下の設問に正か誤を答えなさい。

ビル内の通路のワックスの塗りすぎによって歩行者が転倒しケガをした場合の賠償金は施設所有者賠償責任保険(施設管理者賠償責任保険)が適用される。

(解答)

-損害保険
-

執筆者:

関連記事

no image

個人賠償責任保険の基礎

個人賠償責任保険とは、他者に損害を与えた場合の損害賠償に備えるための保険をいいます。

no image

自賠責保険と任意保険との基本的な比較

自動車にかける保険(自動車保険)は保険の加入が義務付けられている(強制されている)か否かにより自賠責保険と任意保険との大きく2つに分類することができます。